KINTANO

“Kinjyode(近所で) Tanoshiku(楽しく) Yarouze(やろうぜ) ” というコンセプトのもとに、近所付き合いがもたらす何気ない日常の幸せ、身の回りの面白い出来事などを発信する自己満足ブログです。

2017-06-30-Fri-22:00

【 入院生活 】 入院生活12日目

どうも!よしです!

6月30日(金)入院生活12日目。
今日の体温変動は以下のとおり。

36.7℃↗︎36.8℃↘︎36.7℃→36.7℃

以下、本日の回診結果。
触診においても当初常にあった熱感は無くなったとのこと。
いずれにしても来週月曜の採血検査結果を待つのみ。
それまでの間、外出で存分気分転換するよう勧められる。

また、骨盤MRIの結果については来週月曜の専門医の診察所見を待つことになるが、担当した整形外科医は数ある良性腫瘍のいずれかという判断をしているとのこと。



そんなわけで、明日の午後から明後日の夕方までの間、自宅に一時帰宅することにします。
3人の我が子との再会が今から楽しみです(^^)


さて、穏やかな入院生活を送っていると、生活する上でそうそうハッと驚くようなハプニングは起こらないのですが、今朝おっタマげーな出来事に遭遇しました。

それは病棟シャワー室での出来事。
シャワー室の利用は完全予約制となっており、所定のボードに利用時間・病室・利用者名を記載し予約の上、使用の際は入口扉に「使用中」と表示されます。
扉に鍵はありますが、緊急時を想定し鍵は利用しないこととされています。

そんなルールに基づき、今日もシャワー室で、当然人目を気にすることなく生まれたままの姿になり、快適なひと時をキャッキャ過ごしていたのですが、扉に人の気配を感じたその時・・・

禁断の「入浴中」扉がソロソロソロとゆっくり開かれたのです。



俺と目のあった若い女性看護師さん

「あっ!はっ!すいません」

という言葉とともに、扉をピシャリ・・・



タマタマ、パンツを履き終えたところでの鉢合わせでしたが、犯行時間が1分早かったら俺のキンタノとマジご対面でしたよ。

扉に備えられた明かり窓と「使用中」表示から、使用中であることは明らか。
また、利用者が俺であることも管理上明らかとされているわけで、はたして一体何の目的で禁断の「使用中」扉をソロリソロリと開けられたのか、行き着く考えとしては・・・

のぞき?



これ逆に、男性看護師と女性患者って立場だったら、その男一生を棒に振るぐらいの騒動だと思う。





《お知らせ》
入院期間中は、KINTANO活動に限定した記事更新およびコメント返信に留めるとし、皆様のブログへの訪問は控えさせていただいております。
ご理解のほどよろしくお願いいたしますペッコリ深々90度。




関連記事
スポンサーサイト

COMMENT



2017-07-01-Sat-13:04
う~ん。ナゾの行動の看護師さん。
何故にそろりそろりと開けたのか・・・・・・???

シャワーの音はしていなかった時のようですので、
「もう終わって出られたのかしら?」という確認?
でも、それだったらよしくんの名字を言ってから確認でもよかったですよね。

前の人が忘れ物をしたから取って来てほしいと言われた?
それだって、一言あってからで良いですよね。

あと考えられるのは、よしくんのおっかけ?
外出してしまう辛さから、つい・・・・・・(涙)。

ホント、これが男性看護師さんだったら「事件」になってしまいますね。

何はともあれ、めでたく外出となったこと、本当によかったですね^^
思う存分、ご家族との時間をお過ごしくださいませませ♪

はあとちゃくらさんへ

2017-07-01-Sat-16:23
追っかけって!(笑)
こっちは髪もヒゲも伸び放題の44歳入院患者ですよ(笑)

使用中の扉を開けたら、中でどんなことになってるかは当然想像つくわけで、一体あれは何だったんだと、いまだ謎です(^^)
私も「どこ見てんのよー!」的な返しのひとつも出来ればよかったのですが、怯んで絶句してしまいました(笑)

これが男性看護師と女性患者だったなら事件でしょ。悔しいですが泣き寝入りです(笑)

おかげさまで久々の自宅を満喫してますが、とにかく暑い・・・
病院の外はこんなにも暑かったのかと(笑)
とはいえ、不快な暑さも含めて、やっぱり家族のいる自宅はいいですね(^^)

コメントの投稿

HOME