KINTANO

“Kinjyode(近所で) Tanoshiku(楽しく) Yarouze(やろうぜ) ” というコンセプトのもとに、近所付き合いがもたらす何気ない日常の幸せ、身の回りの面白い出来事などを発信する自己満足ブログです。

2016-03-30-Wed-22:40

【 単身生活 】 単身生活2016春 6日目(夜桜見物・眞味)

どうも!よしです!

単身生活6日目。
今日は仕事帰りに “ひとり夜桜見物” を楽しんできましたよ^^


スポンサーサイト
2016-03-29-Tue-23:22

【 単身生活 】 単身生活2016春 5日目(豚肉野菜炒め)

どうも!よしです!

単身生活5日目。
昨日まで3日間食べ続けてきた豚汁もついに食べつくしてしまいました。

そんな本日の夕飯・・・
今回ここまで封印してきましたが、ついにあの奥の手を出します。
信頼と品質のロマン溢れる・・・

俺の豚肉野菜炒め。

今回さらにそれに磨きをかけるべく、これまでにない味付け方法で挑みます。
では調理開始!



2016-03-28-Mon-22:55

【 単身生活 】 単身生活2016春 4日目(豚汁一汁)

どうも!ただいま単身生活中のよしです!

単身休日は昨日で終わりましたが、単身生活はまだまだ続きます。
ってことで、本日単身生活4日目の記録です。

その前にまず、KINTANOを訪問してくださる皆さまにご報告。
ビジネスにおいて「自分は忙しい」と周りにアピールすることは“無能の証し”と豪語しつつ、ブログを通じて「今めちゃくちゃ忙しいんですけど俺」って盛大にアピールした俺ですが・・・

《参照》 どんだけ無能なんだって話(2016年2月3日)



2016-03-27-Sun-20:12

【 単身生活 】 単身生活2016春 3日目(朝風呂・肉じゃがリメイク)

どうも!よしです!
只今、単身生活中。

いやいやいや、それにしても昨日の単身生活2日目の記事の長さ!
最後まで読んで下さった方には、大したオチもなくなんだか申し訳ないですが、俺のレシピ覚書としてるんで勘弁してくださいエペッ^^

昨日に続いて本日も単身休日。そんな単身生活3日目の様子です。


2016-03-26-Sat-22:26

【 単身生活 】 単身生活2016春 2日目(卵かけご飯・肉じゃが・豚汁)

どうも!よしです!

昨日、開幕した単身生活2016春。
2日目となる今日単身休日の様子です。

AM6:00起床。
起きた勢いで洗濯、前日の洗濯物たたみ、ブログコメント返信、着替え、ゴミ捨て、朝食、歯磨き。
経験上、間を置くとあっという間に昼になってしまうので、朝やるべきことの一連は一気に済ませます。


2016-03-25-Fri-20:26

【 単身生活 】 単身生活2016春 1日目(久々のレトルト夕食)

どうも!よしです!

出会いと別れの季節、春ですね!
この春、ご卒業・ご卒園を迎えた皆様を心から祝福いたします!

我が家も昨日りょうた・あつしが、そして本日かほが修了式を終え、春休みに突入しました。
そして、日頃パートタイマーに加え、休みのない家事・育児という仕事を持つさおも、しばしの間ではありますが春休みとして今日から3兄妹を連れてさお実家に帰省。

そんなわけで!
KINTANOカテゴリ “単身生活” として、すっかりお馴染みとなった恒例企画!

「単身生活2016春」開幕です!


2016-03-21-Mon-17:32

【 持ち寄りパーティー 】 わかちゃん卒園記念パーティー

どうも!よしです!

前回記事でご近所さんから家族ぐるみパーリーのお誘いをいただいた我が家。

≪参照≫
KINTANOとだけ書かれた封筒が届いたらなんだか怖かった・・・(2016年3月10日)

ってことで
一昨日の土曜日、ご近所じろー邸にお邪魔し、じろー家と我が家2家族9人での持ち寄りパーリーを楽しんできましたよ。
ちなみに、前回記事では外食を前提としてましたが、費用を抑えてダラダラやりたいことから持ち寄りパーリーとしました^^



2016-03-10-Thu-12:22

【 近所 】 KINTANOとだけ書かれた封筒が届いたらなんだか怖かった・・・

どうも!よしです!

なかなかブログにまとまった時間が割けない日々が続いてます。
日頃お世話になってるブロガーさんへのコメント作成も、まとまった時間が割けないため、1つのコメントを一気に書き上げることができず、下書き保存しておいて空いた時間で断続的に作り上げるってことをやってるのですが、それが出来上がる前にみなさん次々と新着記事をアップされ、旬を逃したがために削除する。
そんなことを延々と繰り返すだけのブログライフが続いてます(笑)

さて、そんな俺ですが。
昨夜、仕事を終えて自宅に帰ると、1通の封筒が届いていました。
それも、見た目に強烈なインパクトのある・・・。


HOME